So-net無料ブログ作成

セルフメディケーション [医療]


セルフメディケーション
(Self-medication)とは、
自分自身で健康を管理し、あるいは疾病を治療するという意味です。
また、WHOでは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調(minor ailments)は自分で手当てすること」と定義しています。

今年もまた風邪やらインフルエンザやらがいろいろ流行っているようですが、そうなってからジタバタする人が私の回りには多いようです。
子を持つ母親であれば普段から子供だけを見るのではなく 旦那さんの健康面にも気を配ってあげてはいかがでしょうか。

こんな事がありました。
ご主人は お勤め先では部長さんで、いろいろと責任や重厚があったりと大変です、少しの風邪は押して会社に行きます。家族の為に頑張っているんですね。
そんなご主人は家族に心配をかけないようにと 体調不良を家族に言わずに日々を過ごしていたら奥さんは何をどう勘違いしたか・・・
うちの旦那は浮気をしている!と思っていたらしいです。

よその家の事なので割愛させて頂きます

結果、ご主人は不整脈があったらしく、忙しい中 食事も満足に食べたり食べなかったり ストレスもあったりと・・・
我慢や忍耐を美徳とする日本、もうそんな事はやめましょう
お仕事や家庭で責任ある人ほど、健康管理には気をつけて頂きたいものです。
万が一の時の回りに及ぼす影響は本人が思う以上の結果になり兼ねないものです。 

そこで、セルフメディケーションです。
自分自身の判断で軽い疾病や健康管理を自身で行なうことにより、医療機関を受診する手間と費用を省くことができ、保険医療費を抑制する効果も期待されて 医薬品やサプリメント等の使用や健康管理については医学的・薬学的な知識が必要となるので、薬剤師や登録販売者を活用して情報を得る事が必要となる。

間違った自身の健康管理で自分都合の

「いつもこうだから 自分はこうだから」は駄目ですよ?

正しい情報を得てから健康管理をしましょう。

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ノロウィルス食中毒の予防法 [医療]

最近、あまり流行って欲しくないものがあります[ふらふら]

感染症の『ノロウィルス』です(;´Д`)アゥー
例年ノロウィルスが原因の一つとされている感染性胃腸炎の患者さんが急増していて 今年は例年の2倍になってしまったとか[exclamation×2]
胃腸炎の多発した1〜2週間後に『ノロウィルスによる食中毒』が多発する傾向があるよなので、公共機関をはじめ ある地域ではすでにノロウィルスによる食中毒注意報の発令まで出ているようです[ひらめき]

注意事項にノロウィルス食中毒の予防法で次のような事がありました

  • 調理前やトイレの後の手洗い消毒を徹底しましょう。
  • 手洗い後の使用するタオル等は清潔なものを使用しましょう。
  • 細菌と異なりノロウィルスはアルコールに抵抗性が高いのでまな板、包丁、ふきん等は熱湯や消毒剤(次亜塩素酸ナトリウム)を用いて消毒しましょう。
  • 二枚貝の生食は避け、十分に加熱(85℃、1分間以上)しましょう。
  • 調理従事者は、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱など風邪に似た症状があった場合 調理行為に携わらないようにするとともに 医療機関等に早めに受診しましょう。
  • 患者の便、おう吐物の処理時は、ドアノブ等の塩素消毒も実施しましょう。
まぁ、手洗いなどあたり前の事が書いてありましたが、アルコール消毒が効かない事は知りませんでした[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
二枚貝とか生は駄目なんですね[ふらふら]これって生カキが駄目ですよって言っているようなものです[たらーっ(汗)] 美味しい時期ですし、これから年末にかけて飲む[バー][ビール][カラオケ]機会が増える方も気をつけなければなりませんが、飲んだらどこ吹く風になっちゃいます(´∀`A;)アセアセ

みなさんも胃腸炎や風邪には注意しましょうね
ではこのへんで、ばーい[手(パー)]


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱中症について&対策 [医療]

熱中症とは
熱中症とは、体の中と外側が暑さになどによって、発汗や循環機能に異常をきたし、「体温調節機能」がうまく働かなくなると、「体温のコントロール力」が崩れ、本来ならば暑いときも寒いときも一定に保たれるはずの体温が上昇し、体の中に熱がこもってしまい体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状の事です。
また、体内の水分や塩分のバランスも失われ、それらによって、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など、さまざまな「熱中症」の症状が引き起こされることになります。最悪の場合は死亡するケースもあり幼児や65歳以上の高齢の方になるとリスクが高くなるというデーターも出ているそうです。

では、どのように予防すればいいのでしょうか?

熱中症対策について
熱中症の予防対策としては、「体温調節機能を助けるための環境(場所・服装)を整え、水分補給を行う」ことが、基本です。
まず発汗がしやすいように風通しのよい、吸湿性のある服を着たり、帽子や日傘を外出時に準備するようにします。
また水分補給による予防については、「こまめな水分摂取」「塩分の補給が必要」という二点を、おぼえておきましょう。特に暑い夏場では、多いときに一時間に1リットルの汗をかく場合もあるそうですので、こまめな水分の補給は欠かせません。手っとり早いのがスポーツドリンクを摂取する事をお勧めします。


それでも熱中症になってしまったら


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

頭痛の専門医 [医療]

みなさんは、ご存じでしょうか?   「頭痛」[ふらふら]

頭痛の原因はいろいろあって 誰しも同じではない事は解っていても 原因が分からないまま とりあえずビール的に鎮痛剤を飲んではいませんか?

酷い人になると 容量・用法を守らず 規定以上の薬を何錠も服用してみたり・・・・。

すでに この状態で{薬物依存}だそうです[どんっ(衝撃)]。 もちろん覚せい剤とかの薬物ではありませんが、お医者さん的には そう言うそうです。

アルコールを過剰に飲まなくても、薬を常に飲んでいると 肝臓の数値があがる事もあるそうです[たらーっ(汗)]

私の周りにも居ます。何錠も頭痛薬を飲んでいるのに効かない人が!それは片頭痛かもしれないから 医者に相談するよう勧めていますが、普通の病院だと診断しても結果 市販の薬と同じような薬を出されるだけだとか 普通の医者ではなく「頭痛の専門医」に相談してはどうでしょうか?

それ以前に頭痛をナメテ・・・・結果 脳卒中だったり

意外と知らない人が多いんですよね。

薬を飲んでも 頭痛が治らないという人は 薬を頼らず 医者に相談してはどうでしょう?

専門医をお探しの場合はこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お気持ちだけで [医療]

以前より興味があった献血に参加をしてみました。

献血会場で 指示に従って初めてだったので問診票に必要事項を書き込みワクワクしながらまっていると・・・・・。係の人が困惑した顔で[ふらふら] 

残念ながら 「お気持ちだけで[手(パー)] 献血はご遠慮願います。」と サクッと断られてしまいました。

えぇぇ!!にゃんで??

2009081012360000.jpg

お気持ちだけで、ばんそうこうを頂いた。

理由は、輸血歴・臓器移植歴のある方という項目で

輸血や臓器移植を受けたことのある方は、現在の検査法では検出できない未知のウイルス感染の可能性が考えられるので、献血をご遠慮いただいています。ただし、輸血歴・臓器移植歴のある方が、現在何らかのウイルスに感染しているとか、あるいは病気であるからという訳ではありません。あくまでも輸血の安全性を可能な限り高めることを考えてのことです。是非ともご理解下さい。

との事ですが、理解出来ませんよ[もうやだ~(悲しい顔)]

はりきって来たのに~ そういう大事なことは事前に大きくハッキリと表示して欲しいものです。それに私は交通事故での輸血でしたし、 昨日、今日の事ではないので平気なのでは?と思ったのですが それでも、駄目なものはダメとの事でした。

私ってば、汚れちゃってるって事ですか???

まぁ、輸血を必要としている患者さんに対して 最善を尽くしているという事も今回理解できたので、勉強になってよかったのかな?って思う自分も居たりします。

ピアスを開けて2週間はダメらしいです。厳しいのですね。

厳しい規定もいいけど、そんな事ばかり言って血液って足りているんですかね? どんな血液でもキレイにするという技術は無いのでしょうか??私が知らないだけで あるのかも知れませんけどね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

知ってますか?このマーク [医療]


妊婦さんマーク.gif
知ってますか?このマーク。マタニティマークと言います
マタニティマークとは?
 妊産婦が交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするもの。
 さらに、交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等が、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進するもの。

マタニティマークは見ての通り おなかに赤ちゃんがいますと書いてあり 妊婦さんを表していますが、残念ながら実際に使用している妊婦さん達の声を聞くと認知度が大変低く、優先席にすら座れないという事で、しまいには『そんな腹で電車に乗るな[むかっ(怒り)]』と言わんばかり割り込まれたりした事もあるそうです。最悪ですね[爆弾]
むしろ、妊婦さんが公共のバスや電車を利用しているのは、旦那さんの手をわずらわせない様に頑張っているのだから、優しく接して席を譲ってあげて欲しいものです。
また、ポスターで呼びかけをしているだけでなく、もっと認知度が上がるよう行政にも頑張って欲しいですね。
特に 中年層の男性に知って頂きたい!

最後にもう一度!
マタニティマークを見かけたら 妊婦さんへの配慮として座席などを譲ってあげて下さい お願いします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

もしもの時には [医療]

先日、酷い風邪を数年ぶりにひいてしまいました。
たいがいは咳がひどいものの、咳だけで終わってしまうのですが今回ばかりは違って 咳が出始めて回りにうつるといけないので、早々に咳止めを飲んでマスクをしてみたがいっこうに止まる気配は無くむしろひどくなるばかり[ふらふら]
それでも普段通りに仕事をして帰宅。家に帰って気が抜けたか水風呂に入っているような寒さ[がく~(落胆した顔)]こりゃまずいと思って熱を計ると‥‥39度あるじゃないですか[バッド(下向き矢印)]
それからは熱にうなされて最悪でした。
翌日、医者に行きましたが 医者ではマスクを渡され待ち合い室ではなく個室に隔離されました。おそらくインフルエンザの疑いがあった為でしょう[たらーっ(汗)] 結果、インフルエンザではないとの診断でしたが、咳による喉の炎症が原因で高熱が出てしまったそうです。炎症の薬と風邪薬を処方するにあたって 付き添いで来ていた妹と先生が話していたのを 点滴を受けながら聞いていたのを覚えていましたが、この時はまだ熱があったので上手く話せず 心の中で『薬なら抗生物質は駄目なのよ〜』と叫びつつベットに横たわっていました。

保健証になぜ[exclamation&question]ICチップを付けないのでしょうか? そうすればどの医療機関を受診して お薬の経歴もわかり手間が省けていい気がするのは私だけでしょうか?また老人に薬の種類を聞いてもなかなか思い出せない時に便利[ひらめき]
気を失って倒れた時に救急の時に保険証までとは行かなくても そういった医療関係のICカードがあると便利な気がするんだけどな。 複数の医療機関に受診して大量の薬を処方してもらっている若者もいるらしいいし、そういった事も防げるんだろうけど きっと個人情報がどうとか反対意見があってICチップは付かないんだろうな。 でも‥‥
もしもの時が 自分に訪れたら その時あなたならどうしますか?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感